FC2ブログ
出版活動を続けながら、地域の人々や世界の人々と情報と知恵を交換していきたと思っています。梨の木舎らしい日々の思うこと、考えることを発信します。
プロフィール

ミナガちゃん

Author:ミナガちゃん
「梨の木舎通信」へようこそ!日頃思うこと、新刊にまつわるあれこれを発信していきます。

最新トラックバック
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
東アジアの辺境地を歩く2 女子大学生がみた日・中・韓の「辺境地」



2016年5月21日(土)

 新刊ができました。
『東アジアのフィールドを歩く2――女子大学生がみた日中韓の「辺境地」』
李泳采・ 恵泉女学園大学東アジアFSグループ [編著]


ISBN978-4-8166-1605-1 C0022 ¥1600E 112ペイジ【50頁カラー】
 定価:1600円+税  

 出会いと発見と新しい未来がほの見えたであろう若いひとの体験記。

 女子大学生が見て歩いて感じた東アジアの辺 境地11日間の奮闘記だ。

 緊張や葛藤がますます高まっている東アジアの中、女子大学生らが自ら日中韓の辺境地を訪問し、
歴史や 文化を訪ねた。彼女たちは何を見て、何を食べ、誰と話し、どんな風に感じたか。
 
●修学旅行の参考資料●国境を越える市民活動の書として、利用していただける。
 
旅はいつも楽しい、少し苦しいこともあるけれど、新しい出会いにあふれている。


恵泉の学生たちほんとうにいい旅をしている。
イ・ヨンチェ先生と職員の土屋昌子さんのアテンドも、実にゆきとどいている。

ところで、ブログにアップした
カバー写真ですが、どんなに頑張っても、縮小できない。

な~にこれ?かもしれないけれど、
来週ちはるさんになおしてもらいますから、
大画面を許容してください。 はた

追記:
●写真、小さくしてみました。(ちはる)
●2014年の第1弾の旅について↓
『東アジアのフィールドを歩く 女子大学生が見た日・中・韓のすがお』







スポンサーサイト
2016/05/21 12:06 アジアへの旅 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://nashinoki.blog134.fc2.com/tb.php/96-1a0857de
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。