FC2ブログ
出版活動を続けながら、地域の人々や世界の人々と情報と知恵を交換していきたと思っています。梨の木舎らしい日々の思うこと、考えることを発信します。
プロフィール

ミナガちゃん

Author:ミナガちゃん
「梨の木舎通信」へようこそ!日頃思うこと、新刊にまつわるあれこれを発信していきます。

最新トラックバック
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
8月6日(水)
 昨日東京に戻り(どっちへ行くのが戻るというのか)、友人の息子さんのお通夜にでて、
そのあと知り合い3人と精進落としの2次会。息子さんには会ったことがないが、ガンだったという。
 37歳の若さ。逆縁の親の気持ちはいかばかりか。

 37度Cの東京で生ビールを2杯のみ、今朝起きたのは3時半。
 4時に明るくなり始めて、今日も、暑くなりそうな気配。窓辺に植えたきゅうりの、木というのか、
 一番高いところに3つ、赤ちゃんきゅうりが3センチほどに成長して、収穫を楽しみにしていたのが先週の金曜日。
 4日目の昨日、しなびてしまっていた。

 葉の数枚下にもう1本のびかけているのがある。
 大きくな~れ。水をたっぷりやる。
 ゴーヤは2本苗を植えたが、こちらは花ばっかりで、実が一つもつかない。

 この前の日曜日、8月2日は郡山で飛田晋秀さんの写真展と講演会に参加。
 「福島のすがた~3.11で止まった町」は、富岡町、大熊町、二葉町を写す。
 飛田さんは何回も町にはいり変わっていく姿を撮り続けている。

 見なければわからないことがある。あの日で止まった町。
 入ってみた富岡町は衝撃的だった。
 止まっているばかりではない。さらにだんだん朽ちていく、町、建物。
 野性にもどる家畜やペットたち。

 私たちの日常生活は、何かを隠しながら続けられている。
 暮らしのリアリティを欠いた都会の生活。都会の暮らしからは、作る過程が見えない、滅びる過程も見えない。
 目隠しされ、リアリティを奪われた生き物、街場の人。
 国家の犠牲のシステムの上にあるのは、自分の感性を葬って日々をおくる者の姿。
 差別の構造も犠牲のシステムも重層的でわかりにくい、たえまなく形を変えていくように思う。
 知りたい、何が起きているのか。しかし、際限ないですね~。

 3時過ぎ、セットンの風2回目の合宿のため、
 せっちゃん、あきさんの運転する2台の車にチャンゴを押し込み、郡山から三春へ。
 リーダーはミンジャさん。ミンジャさんは、私たちをおだてるのもうまい。
 どうしたらちゃんとたたけるか、「前頭葉が一生懸命働いているんだよ」
 
 ぶたもおだてりゃ木に登る。わたしたち、木に片足をかけている。


 
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://nashinoki.blog134.fc2.com/tb.php/64-39c35d48
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。