FC2ブログ
出版活動を続けながら、地域の人々や世界の人々と情報と知恵を交換していきたと思っています。梨の木舎らしい日々の思うこと、考えることを発信します。
プロフィール

ミナガちゃん

Author:ミナガちゃん
「梨の木舎通信」へようこそ!日頃思うこと、新刊にまつわるあれこれを発信していきます。

最新トラックバック
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
12月7日

快適なバスの旅をしばらく封印することにした。

 12月2日朝起きた中央道の笹子トンネルの天井崩落事故はほんとうに驚いた。
 遭遇した人は、恐怖だっただろう。3台の車が炎上し、9人の死者がでた。

 その二日後、過失傷害致死の疑いで、山梨県警が、中日本高速道路に家宅捜索に
入っている。

 しかし、12月3日のNHKクローズアップ現代の取り上げ方はおかしい。早稲田大学の
専門家が「完全に想定外の事故でした」と自信を以て語った。そんなばかな、とおもわず
テレビに。だって、もちろん打音による点検が必要と言われるのを目視で済ませていたと
いう情報も流れている。
 なによりも、天井に垂直にボルトをうち吊り下げるという負荷のかけ方って、私たち
だってやらない。
 いつもバスで通っていた関越道の八風山トンネルが同じ構造だという。

 ここを、私は10年以上にわたって、何百回もとおった。崩れなかったのは、ただ
の運だったのだろう。そういう構造物の上に私たちの生活が成り立っている。そして、
人命より利益優先の社会の上に成り立っている。 
 それで、2005年に民営化されていまの会社、その前は、日本道路公団だという。
 私たち、「油断」していた。
 


スポンサーサイト
2012/12/07 11:09 暮らしのなかで TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://nashinoki.blog134.fc2.com/tb.php/47-a3e14b15
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。