FC2ブログ
出版活動を続けながら、地域の人々や世界の人々と情報と知恵を交換していきたと思っています。梨の木舎らしい日々の思うこと、考えることを発信します。
プロフィール

ミナガちゃん

Author:ミナガちゃん
「梨の木舎通信」へようこそ!日頃思うこと、新刊にまつわるあれこれを発信していきます。

最新トラックバック
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
2012年6月21日(木)午後1時過ぎ
 一瞬あの日に引き戻されたのです。
 テーブルの上の、今日のわたしのお昼ご飯を前にして。
北海道上士幌、正子さんの農場産のじゃがいもを、皮はむかないで、厚さ7ミリの輪切りにする。フライパンに油を多めにひいて、焦げ目がつくくらいまで揚げる、途中で塩をぱらぱらと振る。きのう食べ残した白米おにぎりを手の平でぺたんこに押しつぶして、フライパンの隙間においてやる。香ばしいにおいがしてきた。お箸でつきさしてみる、柔らかい。OK。
望月のJAで仕入れてきた、レタスをちぎって洗って、3日前に作った茹で豚を薄く切って載せる。茹で豚、塩が効いている。さらに梨の木舎の窓辺で栽培しているコリアンダーを2、3本載せる。う~ん、いい香り。
アンナプルナの無農薬茶を淹れよう。もう少ししたら新茶も送られてくるはず。

2口3口食べ始めたとき、ラジオから、「緊急地震速報」が流れ始めた。
「福島県、宮城県に緊急地震警戒警報が出ました」続けて、「避難するときには何よりも自分の身の安全を確保してください」。また地震がおきた? 福島原発は大丈夫?
さまざまなことが頭の中を一瞬へ巡る。震源地は宮城県南マグニチュードは3.3(?)が発表され、胸を撫でおろした。  
しかしナー、大飯原発再稼動というのはいったいどういうことなのだろう。6月16日金曜日夕方6時、官邸前には大勢の普通の人が集まっていた。わたしもイサムのつくった横断幕をもってのり子さんと参加した。前の列には、30前後と思われるひとり参加の女性が何人もいた。安保反対のときもこんなだったんだろうか。国会の周りを囲んだ人が10万とか20万人というから、もっとすごい緊迫感だったでしょうが。
翌日9時には、「大飯原発再稼動」が「正式」に発表された。

6月17日にETV特集で「不滅のプロジェクト~核燃料サイクル 半世紀の軌跡」が放映された。原発への執着は核燃料サイクルへの執着だった。武谷三男が、原爆の被害を受けた日本は、どこよりも原子力を研究する権利がある、といったらしい。「日本人の手に原子力を」(1952年、「原子力研究の方向」)と。しかし、平和利用は結局軍事的転用をかかえている。「将来あるかもしれない核のオプションを維持しておこう」という思惑のもとに進行した。だからこの核燃料プロジェクトは今も終わらない。わかった、つまり「平和利用」は「軍事利用」なんだ。だって考えてみれば私たちは「平和憲法」の名の下に自衛隊という軍隊をもっているじゃない。
番組を見ながら書いたメモによれば、1954年に2億5300万円だった原子力予算は、1960年には97億円になった。そんなことがどうして可能だったのか。やっぱり、わたしたちは「平和ボケ」してたんだ。


新刊 教科書に書かれなかった戦争PART60
花に水をやってくれないかい?
――日本軍「慰安婦」にされたファン・クムジュの物語
著者 イ・ギュヒ 訳者:保田千世 

ISBN978‐4‐8166‐1204‐6 C0021 Y1500E
定価1500円+税

             花に水をやってくれない



ファン・クムジュさんの本が出来上がりました。
イ・ギュヒさんが精魂傾けてハルモニの話を聞いてくださり、千世さんが、丁寧に翻訳し、ハルモニへの思いの限りをこめて訳者あとがきを書いてくれました。2人を動かしたものはなにか。それは、クムジュハルモニの怒りだと私は思います。水曜デモで機動隊に向かってこぶしを突き上げて怒るハルモニの姿が、2人を動かしたのです。そこに2人をつなげたイ・ヒジャさんの気持ちも重なっています。この写真は帯にいれました。

 一昨日、『シェーナウの想い』というドイツで村人たちが電力会社を作ってしまったというDVDをみました。原発による電力はいらない、だから自然エネルギーしか使わない電力会社をつくろう。そのために10年を費やしたそうです。彼らの行動のきっかけは、チェルノブイリでした。彼らは、学んだんです、そして行動に移したんです。
 福島原発事故から私たちが学んだのは、目の前で繰り広げられる政治のからくりです。「さしあたっての危険はありません」というウソを、軽々と数限りなくいってのけ、その人が今も政治の中枢にいるという、まさかというような現実です。この夏、節電だけではなく、わたしたちは何かを作っていきましょうよ。「電力会社」とまではいかなくとも。(はた)
スポンサーサイト
2012/06/22 14:17 平和と戦争を考える TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://nashinoki.blog134.fc2.com/tb.php/35-088802e0
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。