出版活動を続けながら、地域の人々や世界の人々と情報と知恵を交換していきたと思っています。梨の木舎らしい日々の思うこと、考えることを発信します。
プロフィール

ミナガちゃん

Author:ミナガちゃん
「梨の木舎通信」へようこそ!日頃思うこと、新刊にまつわるあれこれを発信していきます。

最新トラックバック
4月28日(土)

シンポジウム・「二重国籍」と日本(日本記者クラブ9階)、
  仲さん、お知らせ頂きありがとうございました。
 関心が高くてびっくりしました。
 国際結婚を考える会の人たちと弁護士さん、研究者が多かったようです。
 アイコさんをさがしたけれど、みえませんでしたね。
 
 仲さんの報告で、「国籍確認等請求事件」の概要が呑み込めました。
 国籍法の第11条第1項というものもわかりました。

 どうやら、世界の趨勢は、「複数国籍」の緩和容認に向かっているのに、
 日本は人を囲い込んでいるようですね。「複数国籍」を容認していれば、
 カズオイシグロのノーベル賞を日本人がとったと「自慢」できたのに。
 国籍はく奪は、「抑制的であれ」ということもグローバルな認識のようですね。
 
 日台ハーフ/ダブルの岡野(葉)翔太さんの話は、漫談っぽく、笑い転げました。
 笑っちゃうほど、理不尽ということですか。
 そうなんだ知らなかった、と思い知ったのは、
 「中華民国国籍」つまり台湾国籍は、「国籍」があるだけでは意味をなさず、戸籍をもって、
 「中華民国国民身分証」をもってはじめて、兵役・納税・居住の権利と義務が生じる。
 ただではくれず、そのためには、1年間台湾に住み続け、云々?が必要だということ。
 あまりに条件が多すぎて聞き取れなかった。
 
 さらに、台湾在住の大成権真弓さんの話は、目からうろこが3,4枚、一度に落ちました。

 「台湾国籍
(この呼び方も、中華民国国籍、中国国籍とあると聞いてこれもびっくり)については、
 日本は台湾を国と認めていないので、日本と台湾の二つの国籍を持っていても、
 二重国籍にならない。だから国籍選択届の提出は必要ない」(東京法務局の話)
 
 だから、蓮舫議員は、二重国籍ではなく、何の問題もなかった。
 ふざけた話ですね、
 分かっていたならほんと政局が変わっていましたよね。

 法律用語がポンポン出てきて、頭がぐらぐらしました。
 とどめの衝撃は、法務局のなかでも、担当者によって、答えが違う、ということ。
 グレーゾーンが多すぎて、担当者によっても理解がちがうというですね。
 そういう意味で、「グレーゾーンを極小に」という野嶋剛さんの話はわかりました。
 
 まとめの関聡介さんの自画自賛どおりの充実したシンポジウムでした。
 事務局の方たいへんでしたね。また開いてください。
 (はた)
 
 
 
スポンサーサイト
2018/04/29 06:24 暮らしのなかで TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://nashinoki.blog134.fc2.com/tb.php/124-d9a15866
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR