出版活動を続けながら、地域の人々や世界の人々と情報と知恵を交換していきたと思っています。梨の木舎らしい日々の思うこと、考えることを発信します。
プロフィール

ミナガちゃん

Author:ミナガちゃん
「梨の木舎通信」へようこそ!日頃思うこと、新刊にまつわるあれこれを発信していきます。

最新トラックバック
4月28日(土)

シンポジウム・「二重国籍」と日本(日本記者クラブ9階)、
  仲さん、お知らせ頂きありがとうございました。
 関心が高くてびっくりしました。
 国際結婚を考える会の人たちと弁護士さん、研究者が多かったようです。
 アイコさんをさがしたけれど、みえませんでしたね。
 
 仲さんの報告で、「国籍確認等請求事件」の概要が呑み込めました。
 国籍法の第11条第1項というものもわかりました。

 どうやら、世界の趨勢は、「複数国籍」の緩和容認に向かっているのに、
 日本は人を囲い込んでいるようですね。「複数国籍」を容認していれば、
 カズオイシグロのノーベル賞を日本人がとったと「自慢」できたのに。
 国籍はく奪は、「抑制的であれ」ということもグローバルな認識のようですね。
 
 日台ハーフ/ダブルの岡野(葉)翔太さんの話は、漫談っぽく、笑い転げました。
 笑っちゃうほど、理不尽ということですか。
 そうなんだ知らなかった、と思い知ったのは、
 「中華民国国籍」つまり台湾国籍は、「国籍」があるだけでは意味をなさず、戸籍をもって、
 「中華民国国民身分証」をもってはじめて、兵役・納税・居住の権利と義務が生じる。
 ただではくれず、そのためには、1年間台湾に住み続け、云々?が必要だということ。
 あまりに条件が多すぎて聞き取れなかった。
 
 さらに、台湾在住の大成権真弓さんの話は、目からうろこが3,4枚、一度に落ちました。

 「台湾国籍
(この呼び方も、中華民国国籍、中国国籍とあると聞いてこれもびっくり)については、
 日本は台湾を国と認めていないので、日本と台湾の二つの国籍を持っていても、
 二重国籍にならない。だから国籍選択届の提出は必要ない」(東京法務局の話)
 
 だから、蓮舫議員は、二重国籍ではなく、何の問題もなかった。
 ふざけた話ですね、
 分かっていたならほんと政局が変わっていましたよね。

 法律用語がポンポン出てきて、頭がぐらぐらしました。
 とどめの衝撃は、法務局のなかでも、担当者によって、答えが違う、ということ。
 グレーゾーンが多すぎて、担当者によっても理解がちがうというですね。
 そういう意味で、「グレーゾーンを極小に」という野嶋剛さんの話はわかりました。
 
 まとめの関聡介さんの自画自賛どおりの充実したシンポジウムでした。
 事務局の方たいへんでしたね。また開いてください。
 (はた)
 
 
 
スポンサーサイト
2018/04/29 06:24 暮らしのなかで TB(0) CM(0)
梨の花一輪 2018年4月20日(金)

 新刊『過去から学び、現在に橋をかける――日朝をつなぐ35人、歴史家・作家・アーティスト』
朴日粉著定価:1800円+税をお送りします。


朝鮮戦争が終ろうとしている
「ロードナンバーワン」は、2010年、朝鮮戦争60年の年に韓国でつくられた全20話のTVドラマだ。
若い友だち同士が、肉親同士が、ご近所の顔見知り同士が引き裂かれ、出会い、
また引き裂かれ、殺し、殺される。多くの虐殺、処刑。悲しく残酷な戦争のDVDに胸がふさがれる。

朝鮮半島の南にある島、巨済島(コジェド)に行ったのはそれよりすこし前だったか。
捕虜収容所遺跡公園となっている。
一見テーマパークのように、戦いの過程やかまぼこ兵舎や収容所内の生活が再現されている。
暴動が起きて殺された兵士もいる。

 その朝鮮戦争は、1950年6月23日に始まり、1953年7月27日に、休戦協定が結ばれる。
 休戦に至るまでに、前線は南に下がり、北に押し返され、また南に押返しと繰り返し、
いっそう悲惨な事態が生まれる。
 日本はといえば、朝鮮戦争の兵站基地となり、食糧を送り、弾薬を送った。わたしが育った上田は、
「羽子板爆弾」というものを作った。
 新津新生さんの『朝鮮戦争と長野県民』(信州現代史研究所 2003)のなかにある。

私の家は、1953年、私が6歳のとき一家を上げて、佐久の田舎から上田という町場に移りすみ、
ラーメン屋を開いた。朝鮮戦争で復興しつつある上田の活況を背景にした話だったと今にして思う。
蚕都といわれ、繭の集散地だった。
 学校では、「朝鮮特需」を、まるで「天祐」かのように教える。実際そう思っていた。
 しかし、そもそも朝鮮を分断国家にしたことに、日本は関わりがないの?

 1910年朝鮮を植民地にし、15年戦争がはじまると人とモノを戦争に動員し、
女性を「慰安婦」として、兵士への「天皇からの贈り物」とした。
 かいらい国家満州へ、日本人や日本兵の食料確保のために、
朝鮮半島から農民を移住させた。
 もちろん日本の農村からも。大人だけではなく子どもも送り出した。
いたいけな14、15歳から20歳以下の子どもたちをソ満国境に送り込んだ。
 陳野守正さんの『歴史から隠された朝鮮人満州開拓団と義勇軍』(梨の木舎 1998年)に詳しい。

 山田昭次さんは、この本を評価されたうえで、臥竜点晴を欠くと指摘された。
韓国で満蒙開拓青少年義勇軍に参加した人がいないかを探してもらったが、
名乗り出る人はいなかった。
 長野県阿智村に、満蒙開拓平和記念館がある。
 今年夏の記念館の展示は朝鮮人開拓団と聞く。

 日本の植民地支配により、被害を被った側であるのに、戦争が終わったあと、
分断されたのは朝鮮半島だった。
朝鮮戦争は、兵と民間人あわせて400万人ともいわれる犠牲者を生み、
1000万人の離散家族を生んだ。
――その朝鮮戦争が、終戦となる、かもしれない。

 4月27日には、文在寅・金正恩南北会議が行われる。
5月には、トランプと金正恩米朝会議が行われる。
突然、ベルリンの壁が崩れたように、突然朝鮮南北会談が実現した
(ように見えるけれど、文大統領の働きかけ?が功をそうしたんでしょうか)。
 昨年末、また新しい戦争が始まるのではないかという懸念と危機感が、
いまは平和への期待にぬりかわった。

 新刊『過去から学び、現在に橋をかける――日朝をつなぐ35人、歴史家・作家・アーティスト』
朴日粉著定価:1800円+税をお送りします。
 著者がインタビューをした35人の思いが語られる。35人に思いを託した著者のメッセージがある。
この本を、出版出来て光栄です。イルブンさんありがとう。
 
  斎藤美奈子さんは提案している、「地域で友だちになることから、はじめよう」。
先日ここのCAFÉで、日粉さんと打ち合わせていた時、たまたま話に加わった学生が、
「沖縄に基地は必要でしょ」という、なんで?「北朝鮮が攻めてくるかもしれないから」。
「えっ」思わず息を飲みましたよね。
安倍ちゃんの期待する若者が生まれている。でも彼も戦争には「いきたくない」。
 文大統領のいうように、「痛みの歴史を直視」する、この本に添えてすすめましょう。

                 ★

先月、日本蜜蜂の巣箱を買いました。組み立てて、佐久の家の庭に置きました。
どうやら来てくれる確率は低いらしい。でも待っています。(はた)
2018/04/29 05:56 新刊紹介 TB(0) CM(0)
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR