出版活動を続けながら、地域の人々や世界の人々と情報と知恵を交換していきたと思っています。梨の木舎らしい日々の思うこと、考えることを発信します。
プロフィール

ミナガちゃん

Author:ミナガちゃん
「梨の木舎通信」へようこそ!日頃思うこと、新刊にまつわるあれこれを発信していきます。

最新トラックバック
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
2014年4月1日(火)

 午前10時45分佐久平インター南発、池袋行きに乗る。

 あと15分時間がある。お腹がすいた。セブンイレブンでおにぎりを
 買ってこようかな。
 停留所に70代男性が一人。
 「バス代値上げ日からだよな、いくらあがったかな。上田までだけどな。
 いい天気だなー。今ぐらいが一番すごしやすいなあ。
 ああ、買い物にいってくるの? いいよオレ見ててやるよ」

 頼みもしないのに、ちょっと怪しい感じ…。
「大丈夫だよ。東京ならこうはいかないぞ。すぐ置き引きにあっちゃうからな」
 ありがとう、おじさん。わたしはおにぎりを2個買ってきて、
 おじさんはタバコを消して、バスに乗り込んだ。
 いってらっしゃい。

 横川インターをすぎると、峠には梅園がひろがっている。
 碓氷峠は、花の里。何百本という梅、民家がちらほら。
 先週から、咲き始めていた。今が真っ盛りのように見える。
 いったん途切れて、またゆるやかな斜面にカーブを描いてつづく梅林。
 すこしピンクが濃いのがときどき混じるけど、梅の種類だろうか。

 高速道路沿いには、こぶしの木が並木のように続く。
 ときどき、木蓮かと思うような大きな花。木蓮かな。
 
 生まれた佐久の家には、紫の木蓮が、春先には花をつけた。
 うさぎの耳のようだといつも思った。

 来月刊行予定の、
 『戦争を選ばない市民のための ハンドブック防衛問題入門Q&A』(仮)
 (著者は福好昌治さん)、準備中。しかし、アメリカの防衛予算って、世界が
 束になってもかまわないくらい巨額。日本の防衛予算も、世界で5番目?かな、
 なかなかなもの。9条との関係をなんとかやりくりやりくりしてきた自衛隊の
 存在、戦える自衛隊にしちゃいけないと思う。いまや専守防衛という言葉さえ
 聞かれなくなってしまった。



 
スポンサーサイト
2014/04/01 12:17 暮らしのなかで TB(0) CM(0)
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。