出版活動を続けながら、地域の人々や世界の人々と情報と知恵を交換していきたと思っています。梨の木舎らしい日々の思うこと、考えることを発信します。
プロフィール

ミナガちゃん

Author:ミナガちゃん
「梨の木舎通信」へようこそ!日頃思うこと、新刊にまつわるあれこれを発信していきます。

最新トラックバック
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)

1月10日(日)昨日の話です。
 午前10時30分発、小諸発高速バスに乗り、3時間半、碓氷峠を越え新宿の雑踏に着いた。
 「しあわせの雨傘」はピカデリで上映中という。2連休で賑わう新宿の街、伊勢丹の西側をすり抜けてピカデリへ向かう。ビルの2階にあがる。すごい人。正面に長いカウンターがあって、その向こう側にずらりと切符発行の係りがいる。お客は、うねうねU字型の列をつくってならんでいる。4,50人ほどもいる列が4,5分の間に捌かれてまたたくまに自分の順番になる。
 これが、話に聞く、シネ・コン、シネマ・コンプレクスというものらしい。ピカデリには、10以上の映画館(室)があるようで、人々、長い列を待つ間に映画を決めればいい。列を待っている間に、満員になってしまう映画もある。正面の掲示板に「売り切れ」と表示される。
 ピカデリがそうなっていたとは知らなかった。世の中に疎いというか、世の中が変わりすぎというか、通過する駅に降りてみれば、タイムマシーンのような未来都市が作られていた、というのは少しオーバーな感想ですか…。

 息子直人は、上映1分前に映画館についてかろうじて最後の1席を確保した。さすが朝日新聞に2度も紹介されただけある。あるいはドヌーブ人気かもしれない。おじさんだけでなくおばさんもいるし、若者もいる。
 映画は、実におもしろかったのだ。いってみれば、DV夫に離婚を突きつけ、社会にデビューしていく1人の女性の話。ドヌーブをみせる御伽噺ともいえる。しかし、もう「飾り壷」(原題)はごめんだわ、自分の幸せは自分でつかむ。わたしが考え、わたしのことばで、友人たちに呼びかけるわ、という独立の宣言であって、胸がすくのだ。「想像力は力だ!」、いま女たちは、夢見たことを現実のものにしようとしているのでは?(続く)
スポンサーサイト
2011/01/11 23:21 女と男 TB(0) CM(0)
 
2011/01/11 20:33 平和を考える TB(0) CM(0)
2011年新春    梨の木舎         

昨年も、特養にいる母を訪ねて何十回も碓氷峠を越えました。介護度4、母は89歳です。かつて、1947年生まれの私たちは、「家族帝国主義」とよんで親の干渉を拒否しました。
先日実家の引き出しから、「美奈子、ゆみ子へ、粕漬けの漬け方を書いておきます」(まあジェンダーですが)というメモが出てきました。親の言うことを聞かない娘たちへの書きおきです。特養の職員の方は、家族が来るととっても嬉しそうですといいますが、支えられているのは私たちのほうです。母やおばあちゃんたちに支えられて生きてきました。「種を粉にひいてはならない」(ケーテ・コルビッツ)、を私なりにかみしめて次の世代に引継ぎたいと思います。                                     羽田ゆみ子
2011/01/11 19:55 未分類 TB(0) CM(0)
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。